長野県長野市:日本料理 悠善

お料理の紹介、旬の食材への熱い想いなどをつづります。
 
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ずくだせTV

 

じゃこねぎ豆腐    

ずくだせTV  平成30年7月18日(水)

14時15分放送予定

 

材料2人前

豆腐      1/2丁

しらす     30g

長ねぎ笹切り  1/3分本

おかか     適量

切り海苔    適量

 

調味料

醤油      大匙2

ラー油     小匙1

胡麻油     40CC

 

作り方

  1. しらすは、180度に熱した油で約3分素揚げする。
  2. 豆腐は6等分に切り、水気を取る。
  3. 器に、豆腐、じゃこ、葱の順に盛り付け、豆腐の周りから醤油,ラー油を入れ、熱々に熱した胡麻油を葱の上全体にかける。、
  4. その上に、かつお節、切り海苔をのせ完成。※お好みでキムチや、大葉、パクチーなどをトッピングしても良いですね。
| - | 10:23 | comments(0) | - | -
ある日の料理雑記

 

雨上がりの夜、田んぼや小川のほとりで、

ふんわりと舞うホタルやスイスイと泳ぐ

アメンボ達。

 

 

田植えの終わった風景と熱帯夜の星空がとても綺麗です。

  

七夕の朝、里芋の葉にたまった露で墨をすって字を書き、

書道の上達を祈るという風習があります。七夕の露は、

織姫が流す涙ともいわれました。

 

天の川のきめ細かい

満天の星の群れ、雨で川を渡りきれない時は「梶の葉」

に乗って二人は出会います。本当は私たちが、星たちの

幸せを祈ってあげる日なのかもしれません・・・

 

 

本日も、新たな気持ちで、精進して参りたいと思います。

平成30年7月13日(金) 日本料理悠善 料理番 丸山大輔

| - | 08:20 | comments(0) | - | -
板前雑記

商売柄、調理師は家族で食卓を囲む事はほとんどありません。

 

 

それは世の中の人がくつろぐ時間が、我々の主戦場であるからだ

と感じます。

 

家族と一緒に食事ができないのは、ある意味自分を犠牲にしている

事ですが、私は、お客様に喜んで頂く仕事をしているんだという

大きなやりがいに支えられてきたと思います。

 

若い調理師を目指す方で、仕事がつらいなと感じたら、

「美味しい料理を作りたい」「食べて頂く方に喜んで頂きたい」

「料理人として名前を残したい」「又是非きて頂きたい」等々、

調理師を志した時の熱い気持ちを思い出してください。

 

 

不平不満をこぼしている時には、人は進歩しません。常に大きな夢や

目標を持ち、自分のことを忘れずに、前向きに邁進していって下さい。

食に関わるものの原点を改めて心に刻んでほしいと思います。

 

それを家族が理解をしてくれて、今日があると感謝しています。

 

| - | 08:42 | comments(0) | - | -
冷やし坦々麺 ずくだせTV

ずくだせTV

 

冷やし担々麺  平成30 年7月4日(水) 

15時15分放送予定

 

なめらかで弾力のある食感、つるつるした触感の

胡麻仕立てです胡麻だれをベースに豆乳、乳酸菌

入り和風だしをブレンドしたピリ辛タイプの一品

 

 

今回は、ラーメンではなく、細麺タイプのうどんを使います。 

| - | 18:53 | comments(0) | - | -
カブトムシ・クワガタ


このごろデパートやスーパーなどで、カブトムシを売っている情報を耳に致しました。
現実、近くのホームセンターにも置いてあります。私が子供のころは、家の周りに
沢山いました。

 


夏休みのラジオ体操前に早起きしてよく捕まえては友達に自慢したものです。
それが30年たった今では、寂しいけれど、農地開拓や宅地開発で環境が変わり
めったに見つけることが出来なくなりました。小さい頃に一緒に遊んだことのある
お父さんも多いでしょう。しかし、その生態となると意外と分かりません。



 
クヌギの蜜を美味しそうになめていますが、実は自家製の黒蜜です。







こちらは、お子様でも簡単につくれる、キッズ用の蜜。






一日で多いときは、60〜80匹ぐらい、この蜜に集ります。
20分くらいの短時間です。







山奥のカブトムシ(サナギ)は、又大きいですね。
白馬産。









運が良いと、ミヤマクワガタも遊びに来ます。




この夏、クヌギの樹には、いろいろな昆虫が集ります。

力の強弱によって樹液をなめる場所の順位が決まります。

一番強いのは立派な角を持ったカブトムシです。
力の強いオスが樹液を独り占めしようとカブトムシの迫力

ある戦いが始まります。


カブトムシのライバルは、カブトムシなのです。
子供たちにカブトムシを見たり触ったりして自然を好きになって

ほしい、そう願いからこんなことを考えてみました。

 


蜜の作り方から仕掛け、採集 朝、夜、毎日観察してみては・・

 

 















 

| - | 09:12 | comments(1) | - | -