長野県長野市:日本料理 悠善

お料理の紹介、旬の食材への熱い想いなどをつづります。
 
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
土用の丑

 夏の風物詩!国産(愛知三河産)
夏バテを吹っ飛ばそう!!

当店の鰻は、1本330g〜350gと
、大変大きく脂の乗った鰻です。


蒸してから焼き上げるので、
ふっくら香ばしい風味が生かされます。
数に限りがあります。



「土用の丑7月27日」
ご注文は、お早めに!

 



日本料理悠善 
電話 
026-219-2077
FAX 026-219-5011

| - | 10:12 | comments(0) | - | -
学ぶ目的とは・・


 

 


「本来のあるべき姿について」
 

飲食店の経営者として話をしていると
「○○のノウハウを知りたい」と言った言葉を
耳にします。確かに、飲食店を開業し、成功に
導くには、ノウハウを身に着ける事が大切です。

 

 


しかし、他店のノウハウを上っ面だけ真似ても、
その根底にある基本的な考え方や原理原則を理解
していなければ、「成功」には繋がりません。

 


ノウハウは「独自のやり方」の事。
その店その店で異なるのは勿論、地域や時代に

よって変わるものです。
 

 

学ぶ目的について、私は師匠からの遺訓を 
通じて日々精進しております。

 

終生、学び続けなさいと教えられました。
 


「学ぶ」とは、学校の勉強だけを意味して
いるのではなく人の話を聞いたり、見学したり、
自然から観察して教わる事、仕事をしながら体験
する事など広い物事を含みます。

 

どんな事からも、
問題意識さえあれば、学ぶ事は出来ると思います。


 


そして「学んだら必ず道を知る」ここで「道」とは
それぞれの「本来のあるべき姿」だと私は考えます。

 


人によって違いますが、それぞれの職業や立場の
あり方の本質を見極め、真の目的を理解する事。

 


それが道を知る事ではないでしょうか。私は食を

通じて、全ての人間に通じる最終的な目的とは、

この世の中に生きる人々を幸せにする事だと思います。
 

 


人は「道を知って行う」すなわち、顧客、人の幸せの為
にお役に立ちたいという目的に向って、暮らし、働くと
いう事。

 


近年、企業が重視している事のひとつが顧客満足度です。

顧客満足対応で上手に対処することによって、新たな
ファンを獲得するとともに、サービスの改善・開発に繋
げられます。

 

 

十分に万全な準備をし、最初の一撃にしっかり立ち向かう

ことが出来れば、どんな困難でも乗り越えられます。

 

これからも「本来あるべき姿」を見つめ、その

目的に向って努めていきたいと思います。

 

 

いくつになっても、立場が変わっても、人は永遠

に学び続けたいと思います。

 



 


 


 
 

| - | 10:27 | comments(0) | - | -

  先日、久しぶりに友人と会い
お互いの生き方や夢を語り尽しました。

 


何処でも、何時でも皆、夫々である中
生かされている事に、感謝し、懐かしい
話で盛り上がりながらも、人と人の大切さを
改めて革新しました。

これからの人生を、
マラソンランナーに例えると、
長―いレースの途中には、
大きな川や崩れかけた崖、燃え上がる炎、
何度も苦戦しながらも走り、ゴールを目指します。




それぞれ、自らのレベルに
あわせ、追い越されては追い抜き、転がり、
乗り越えようとする架け橋の調整をしながら
自分のペースで走り続けます。





夢への挑戦や、人生の中での目標は、
失敗や挫折はつきもの。


ですが一度の失敗で以降の人生を不幸
にしてしまうことは、生涯最大の失敗
になってしまいます。

失敗をしないように対処することも大切です。

しかし、一つの失敗を避けられたとしても、別の機会に
思いがけず遭遇してしまうの世の常なのですね。

今の自分の存在を・・

その時の苦労を乗り越えたからこそというよりも

今に至る初心の心が一番大切だと改めて感じます。




 


 

 

| - | 07:06 | comments(0) | - | -
仲夏の頃

 

雨上がりの夜、田んぼや小川のほとりで、

ふんわりと舞うホタルやスイスイと泳ぐ

アメンボ達。

 

 

田植えの終わった風景と熱帯夜の星空がとても綺麗です。

  

七夕の朝、里芋の葉にたまった露で墨をすって字を書き、

書道の上達を祈るという風習があります。七夕の露は、

織姫が流す涙ともいわれました。

 

天の川のきめ細かい

満天の星の群れ、雨で川を渡りきれない時は「梶の葉」

に乗って二人は出会います。本当は私たちが、星たちの

幸せを祈ってあげる日なのかもしれません・・・

 

 

本日も、新たな気持ちで、精進して参りたいと思います。

 

| - | 10:20 | comments(0) | - | -
創立12周年記念

お陰様をもちまして
本日で、12周年を迎えることが出来ました。

心から感謝、御礼申し上げます。

振り返ると、あっという間でもあり、長くもありました。

特にオープン当初は、全て初めてのことばかり。
乗り越えなくてはならない試練と戦っていたことが
懐かしく思います。 

そのような試練を乗り越え、
12周年という節目を迎えられた事が
嬉しく、そして感慨深いです。

引き続き、 努力を重ねて参りたいと思います。
何卒、ご光来賜りますよう
お願い申し上げます。

尚、12周年イベントと際し
期間限定ランチ平日ランチのみ

通常価格780円にて提供致します。

 


 

皆様のお越しを、
心より、お待ち申し上げております。

 





 

| - | 07:10 | comments(0) | - | -